おススメの摂り方

トレイル編(男性)

サポート選手 名取将大選手のトレイルレースでのオキシーショット、STC商品のおススメの摂り方をご紹介いたします。

名取将大選手のFacebookより原文引用)

(注意)あくまでも個人の所感です。体重、ペース、走り方、経験、気候、体調、基礎代謝量などにより個人差はあるため、この使い方をベースにして、自分にあったベストな使い方を探してみて下さい。


【トレイルレースでのオキシーショット、STC NUTRITIONの活用法】



高濃度酸素水スポーツオキシーショット、スポーツサプリメントSTC NUTRITIONを取り扱う株式会社T&R様のサポートアスリートとして活動し1年が経ちました。今シーズンもサポートアスリートとしてレースでリザルトを追い求めるだけでなく、信頼しているサプリメントの魅力を発信していきます!

今回は僕の経験に基づいたトレイルレースでのオキシー、STCの摂り方をお伝えします。僕自身、試行錯誤を重ねてたどり着いた方法、パターンですのでぜひ参考にしていただければと思います。


【レース日までのコンディショニング】
レースに向けてレース当日3日前から就寝前にオキシーショットを摂取します。量は5ml、5ml、10mlがコンディションを整えるうえで一番いいと思います。


【レース前】
レース当日はスタート1時間半前にSTCのVo2maxbarを摂ります。一気に食べるのではなく、少しずつよく噛んで味わうように食べるといいでしょう。一気によく噛まずに食べると胃腸トラブルの元になります。
スタート1時間前~30分前にかけて軽いジョグなどでウォーミングアップをします。ウォーミングアップの後にSTCのOver Blast Energyとオキシーショット10mlを摂取します。STCのエナジージェルとオキシーを摂ることにより、息が上がりやすいスタート直後を楽に走ることができ、トレイルでの渋滞に巻き込まれないように序盤で攻めたい人にも効果的です。足が攣りやすい人であればEnergyではなく、No Crampを摂取するといいです。


【ドリンク】
レース中に摂取するドリンクにはSTCのMALTO POWERを混ぜます。効果としては胃腸トラブルを防ぐ、ジェルの吸収スピードを上げる役割があります。


【レース中】
スタート後は40分おきにSTCのジェルを摂取します。Energy→Energy→No Crampとローテーションしながら摂取します。足が攣りやすい人であればEnergy→No Crampと交互に40分間隔で摂取すると効果的だと思います。
レースによってオキシーショットを摂るタイミングはバラバラです。
事前にコースデータが分かれば、~kmでオキシーを摂る、ここの登りでオキシーを摂るというように臨機応変に使います。なので勝負所でオキシーを使わないこともあれば、あえて楽なセクションでオキシーを摂る場合もあります。基本10mlのタレビンに入れてレースに応じて1本~3本摂取します。
摂取しているタイミングで決めていることは、
・下りを走っている時に摂取しない。
・ジェルを摂取する間隔のちょうど真ん中あたり、前のジェルを摂取してから15分~25分の間でオキシーを摂取する。
という2点です。いづれも胃腸トラブルを防ぐためです。オキシーは本当に効きますが、レース中使い方を間違えると逆に体の負荷が増すこともあるので、きついから摂取すれば回復する!というものではないです。
オススメする状況としては、まだまだ楽だけど足を温存しときたい時、少しきついけどまだまだいけそうだから足を使いすぎないようにしたい場面、走れない傾斜だけど歩きでペースを落としたくない場面などが一番有効だと思います。
僕はあえてアップダウンがあまり無いトレイルセクションで摂ることもよくあります。
レース中の補給に関しては以上です。


【レース後】
レース後は素早くオキシーショット10mlを摂取します。そしてIRON FORCE Barをよく噛みながら味わうようにゆっくり食べます。レースのダメージからの回復が早くなりますのでオススメです。
レースの翌日はオキシー10ml、その後の2日間は5mlずつ就寝前に摂取すると早く疲労が取れます。


みなさんもSTCのサプリメントとオキシーショットで、トレイルランニングをより楽しんでみてはいかがですか?


名取 将大 選手
Masahiro Natori トレイルランナー

TEAM LASPORTIVA JAPAN 所属
東海大学陸上競技同好会 所属
高校では陸上競技部に所属。

2014年、大学入学と同時にトレイルランニングを始める。
2015年からはジャパンスカイシリーズを中心としたスカイレースにも多く参戦。
20km~40kmのスピードが必要とされるレースで好成績を収めていて、中でもダウンヒルの走りには定評がある。

経歴

2014年 東丹沢宮ケ瀬トレイルレース 4位
2014年 おんたけスカイレース 年代別優勝 20歳以下の部
2014年 アドベンチャーフジミ バーティカル730 優勝
2014年 みたけ山トレイルラン 6位
2015年 峰山トレイルレース 優勝
2015年 青梅高水山トレイルレース ショート 4位
2015年 ハセツネ30K 年代別優勝 20歳以下の部
2015年 経ヶ岳バーティカルリミット ロング 10位
2015年 スリーピークス八ヶ岳トレイル Attack Line23K 優勝
2015年 八重山トレイルレース ロング 3位
2015年 アドベンチャーフジミ バーティカル1000 2位
2015年 蔵王温泉スカイトレイル 8位
2015年 上野原秋山トレイルレース 2位
2016年 大山登山マラソン 29歳以下の部 2位

5000mPB 14分54秒65


                

 

カレンダー
  • 今日
  • 出荷不可日

受注は24時間受付しておりますが、発送は平日のみとなっております。(営業時間:平日9:30~18:00 土日祝:休み)
*出店等で不在の場合は、平日出荷ができない場合がございます。ご了承願います。

                                  

ティーアンドアールは
那須ブラーゼンのオフィシャル
サプライヤーです

 

ページトップへ